メルカリ[大きな荷物]出品者が送料込みで損しない配送方法の選び方

メルカリで出品する方へ、送料を割り出すためのサポート記事です。

メルカリで家具や自転車など、大きな品物を出品したときは「梱包発送たのメル便(旧:大型らくらくメルカリ便)」を使いましょう。ヤマト・ホームコンビニエンスがメルカリと組んで提供しているサービスです。

タンスやベット、冷蔵庫や洗濯機など、大きめの家具や家電も簡単に送ることができます。今まで梱包や手配が大変だった。そんな煩わしさがなくオススメです。

梱包発送たのメル便なら送料が全国一律?

せっかく商品が売れたのに、いざ配送を手配したら、販売価格を上回って「赤字」!なんて経験はありませんか。そんなことが二度と無いように送料を考慮した価格設定で出品したいですね。

梱包発送たのメル便の送料は全国一律!配送先の住所を気にせずに販売価格を決められます

匿名配送で宛名書きも不要
●サイズを測るだけで出品者が負担する送料がわかる
●日程を決めて集荷依頼するだけ
●梱包資材を準備する必要なし
集荷&梱包&搬出は全てプロにおまかせ
●安心して「送料込み(出品者負担)」で出品できる

【メリット】
今まで梱包の仕方がわからなかった商品や、梱包資材の準備も不用。
送料
全国一律なので、出品する際に購入者の住所を気にすることなく販売価格の設定ができます。
また、匿名配送なので個人情報も安全です。

サイズと送料一覧表

2021年1月時点の料金です。

サイズ
縦+横+高さ
合計 cm
参 考送料
(全国一律)

80スニーカー/ハンドバッグ/衣類/ショルダーバッグ1,700円
120炊飯器/電子レンジ/掃除機/コーヒーメーカー2,400円
160テレビ/空気清浄機/チャイルドシート/キャリーバッグ3,400円
200
押入ダンス/肘掛け椅子/座卓/エアコンなど
5,000円
250洗濯機/デスク/カーペット(4.5〜6畳)/小さな冷蔵庫/布団袋など8,600円
300ソファ(2人掛け)/小型の自転車/食器棚など12,000円
350大きめの冷蔵庫/シングルベッド/大きめの自転車/タンス/本棚など18,500円
400ダブルベッド/衣装タンス25,400円
450カウチソファなど33,000円

参考:メルカリ公式サイト

注意点もいろいろ!確認してから使いましょう

不明点があれば、メルカリガイドで確認しましょう。

メルカリガイド メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
CMで話題!フリマアプリ「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。購入時はクレジットカード・キャリア決済・コンビニ・銀行ATMで支払いでき、品物が届いてから出品者に入金される独自システムで安心です。

出品前に覚えておきたい注意点

●送料は販売価格に含まれているので、間違って送料を集荷時に支払わないこと。
※サイズに差異があった場合は販売利益から調整されます。

匿名配送はできません

●上記の表の3辺合計以外にサイズ規定があります。
最長辺250cm以下
天地が定められたものは高さが200cm以下

重さに制限があります。
実重量150kg以下

●分解・組み立てなどはオプション料金。
集荷/配達それぞれ発生したオプション料金はその場で現金支払
ヤマトホームコンビニエンス・サービスメニュー

配送できない地域が結構あります。
全国と言いながらも配送不可の地域が多くあります。例:沖縄県は全域配送不可。
詳しくは、配送できない地域一覧[メルカリ]で。

配送不可地域(梱包・発送たのメル便)

配送できない商品があります。
ガラステーブルや楽器、バッテリーなどもNG。
「荷受けできない商品」だと出品時の画面にメッセージが表示されます。
事前に以下のページを参照して出品することをお薦めします。
大型らくらくメルカリ便で荷受けできない商品について
[ヤマトホームコンビニエンスのサイト]
https://www.008008.jp/transport/

●セット商品などの扱いを知っておこう。
テレビとテレビ台、応接セット、ダイニングセット、学習机と椅子などは商品別に査定され、それぞれ料金が発生します。また、食器棚や和タンス等、分解できる場合は、1つの商品として査定されます。

●注意事項を一読してから出品しましょう。
大型らくらくメルカリ便の公式Q&A[メルカリ]
https://www.mercari.com/jp/

小さな荷物の送料はこちらの記事で

メルカリ[小さな荷物]出品者が送料込みで損しない配送方法の選び方
メルカリで出品する方へ、送料を割り出すためのサポート記事です。「送料込み」で出品するほうが売れやすい、と言われるメルカリ。必要な方へなるべく割安で譲りたいと思っても、メルカリ利用料が10%引かれ、送料負担や梱包資材代を差し引くと「これ以...

まとめ

大きな品物を出品する際に「送料着払い」とか「購入者負担」としても、送料はいくら?と質問を受ければ、地域や送料を調べる手間がかかったりして面倒でした。しかも梱包や搬出も大きな負担に。

荷受けの条件に合えば、一般的な配送サービスで送るより送料も安く手軽に利用できるので、出品側も購入側もメリットがある、と思います。

テキストのコピーはできません。