メルカリ[小さな荷物]出品者が送料込みで損しない配送方法の選び方

メルカリで出品する方へ、送料を割り出すためのサポート記事です。

「送料込み」で出品するほうが売れやすい、と言われるメルカリ。必要な方へなるべく割安で譲りたいと思っても、メルカリ利用料が10%引かれ、送料負担梱包資材代を差し引くと「これ以上は値引きできません」という場合もありますよね。

出品する時点からしっかり荷姿を考えて、販売価格を設定いたしましょう。

スポンサーリンク

全国一律料金で送りたい!どれが一番安く送れるの?

メルカリ便は出品者負担の送料が全国一律!なので配送先の住所を気にせずに販売価格を決められます。

まず、重さをはかるデジタルスケール(1g単位)と、厚さを測るノギス定規は用意している前提です。小さい荷物にはグラム単位ではかれるキッチン用のはかりを私は使っています。

スポンサーリンク

小さめ荷物の送料比較|一覧表

まず、送料を決めるステップは…
●品物が入りそうなサイズ材質を決める
●梱包後の重さを測る
厚さを測る

厚みを測る専用スケールも便利です。
「出品者用 強度2倍  1-3cm 厚さ測定定規」はこちら

【注意】
品物の厚さなど測る際は、緩衝材プチプチや梱包材の厚さも考慮します。郵便局では厚さを確認するスケールを通過するかどうかで判断されます。衣料など少し膨らんでいる場合も、押しつぶして通ればOKだそうです。近所の郵便局で確認したことなので、窓口によって扱いが違うかも知れません。

以下の一覧表は私が利用する場合の目安なので、集荷が必要な方や他の割安サービスを提携されている方は該当しないこともあります。

2021年6月時点(税込)

厚さ/サイズ重さらくらく
メルカリ便
ゆうゆう
メルカリ便
【参考】
郵便局
厚さ1cm以内
長辺23.5cm以内
短辺12cm以内
25g以内定形郵便
84円
50g以内定形郵便
94円
厚さ3cm以内
長辺34cm以内
短辺25cm以内
50g以内定形外
規格内
120円
100g以内定形外
規格内
140円
150g以内定形外
規格内
210円
250g以内定形外
規格内
250円
500g以内定形外
規格内
390円
厚さ3cm超OK
3辺合計90cm
※長辺60cmまで
50g以内定形外
規格外
200円
100g以内定形外
規格外
220円
150g以内定形外
規格外
300円
250g以内定形外
規格外
350円
500g以内定形外
規格外
510円
A4サイズ
厚さ3cm以内
1kg以内ネコポス
175円

※最小サイズは
23cm×11.5cm
長3封筒も利用可
3辺合計60cm
長辺34cm
厚さ3cm以内
ゆうパケット
200円

ゆうパケットポスト
265円(実質)
内訳:
送料200円
専用資材65円
長辺14〜34cm
短辺9〜25cm
厚さ3cm以内
クリックポスト
198円
厚さ3cm以内
長辺14〜34cm
短辺9〜25cm

YahooやAmazonの
アカウントが必要
クレジットカード
長辺24cm以内
短辺17cm以内
厚さ7cm以内
2kg以内ゆうパケットプラス
440円(実質)
内訳:
送料375円
専用資材65円
長辺34cm
短辺24.8cm
厚さ3cm以内

A4封筒型
4kg以内レターパックライト
370円
長辺34cm
短辺24.8cm
厚さ3cm超

A4封筒型
レターパックプラス
520円
縦20cm
横25cm
高さ5cm

専用BOX
縦内寸19.3cm
横内寸24.7cm
高さ内寸4.7cm
重量規定無し宅急便コンパクト
450円(実質)
内訳:
送料380円

専用資材70円
集荷別途30円
縦24.8cm
横34cm
厚さは8mm程度
宅急便コンパクト
薄型専用BOX
60サイズ宅急便
2kgまで

ゆうパック
25kgまで
宅急便
700円

集荷別途30円
ゆうパック
700円
【参考】
郵便局利用なら
ゆうパック
スマホ割を
利用すれば
基本運賃から
180円割引
80サイズ宅急便
5kgまで

ゆうパック
25kgまで
宅急便
800円

集荷別途30円
ゆうパック
800円
100サイズ"宅急便
10kgまで

ゆうパック
25kgまで"
宅急便
1,000円

集荷別途30円
ゆうパック
1,000円
120サイズ15kgまで宅急便
1,100円

集荷別途30円
140サイズ20kgまで宅急便
1,300円

集荷別途30円
160サイズ25kgまで宅急便
1,600円

集荷別途30円

宅急便サイズを利用する場合は、まず品物に適した段ボールなど資材を用意します。
●品物が入るサイズを決める
●梱包後の重さを確認する ※緩衝材などの重さも考慮
集荷が必要なら「らくらくメルカリ便」
●同じサイズでも重い場合は「ゆうゆうメルカリ便」

【参考】
メルカリではなく郵便局「ゆうパック」利用する時には「ゆうパックスマホ割アプリ」なら送料が180円割引になります。ただし全国一律料金ではありません

メルカリ便のメリットは何?

メルカリ便の良さは、どちらも簡単で安心、しかも割安な送料で利用できること。サイズと重量による選び方は上記の表を参考に。

「らくらく」も「ゆうゆう」共通メリット
●宛名書き不要
●レジでの会計不要
●送料は全国一律
●アプリの画面で発送状況確認
●住所も名前も知られない匿名配送
●万が一の時も配送補償

送りやすさは?自分なりの使い勝手で選びましょう

らくらくメルカリ便
●集荷可能(追加:集荷料金30円)
●発送場所:ヤマト営業所/ファミリーマート/セブンイレブン/宅配便ロッカーPUDO
●受取場所:自宅
※宅配便ロッカーPUDO利用は長辺55cm×短辺44cm×高さ37cm以内の商品のみ

ゆうゆうメルカリ便
●集荷はなし(郵便局は窓口の営業時間をチェック)
●発送場所:郵便局/ローソン
●受取場所:自宅/郵便局/ローソン/ミニストップ/はこぽす
※はこぽす利用は長辺54cm×短辺41cm×高さ24cm以内の商品のみ

大きな荷物の送料はこちらの記事で

メルカリで家具や自転車など、大きな品物を出品したときは「梱包発送 たのメル便」を使いましょう。

タンスやベット、冷蔵庫や洗濯機など、大きめの家具や家電も簡単に送ることができます。梱包や手配の煩わしさがなくオススメです。

まとめ

ヤフオクなどで出品や落札したら、後から送料が品物より高く付いた、という経験はありませんか?

メルカリを利用する場合は、「送料込み」で「メルカリ便」を利用するのが出品者購入者も便利でお得だと思います。

テキストのコピーはできません。