スポンサーリンク

マツコも絶賛『恋みくじ』の作者は誰?どこで引ける?

テレビの人気番組「マツコの知らない世界」で紹介された『恋みくじ』。GoogleのCMで観て気になっていたおみくじだったので、いったい誰がこの文章を創ったのか、どんなメッセージがあるのか、どこで引けるのか…気になったコトを調べました。

スポンサーリンク

恋みくじの作者は現代美術作家イチハラヒロコさん

Google アプリ:アドバイスがほしい 篇

グーグルのCMで占いの行き先になるのは『布忍神社(ぬのせじんじゃ)』。実はこれ、関西では大人気の神社です。

「マツコの知らない世界」の番組内で成蹊大学文学部教授・平野多恵さんが紹介して、マツコも絶賛した人気のおみくじも、布忍神社の恋みくじですね。

このグサリと心に刺さる言葉たちを創りあげたのは、現代美術作家イチハラヒロコさんです。

こんなおみくじなら毎日でも引きたい!ですね。

イチハラヒロコさん
1963年 京都生まれ 現代美術アーティスト。
’85年京都芸術短期大学(現京都造形芸術大学)ビジュアルデザイン専攻科修了。’88年より言葉や文字をモチーフに作品を制作。豊田市美術館、水戸芸術館、東京都現代美術館、京都国立近代美術館等で作品発表する一方、百貨店の工事仮囲いやスケートリンクに文字を描くなど、屋外展示も多数。また大阪の布忍神社に「恋みくじ」を設置したり、イギリスとオランダのショッピングセンターで「万引きするで。」と書かれた紙袋を2000枚配布するパフォーマンスをするなど、その活動はユニーク。
著作・作品集に『こんどはことばの展覧会だ。』(三修社)『ラプンツェル。』(新風舎※絶版)、『この人ゴミを押しわけて、はやく来やがれ、王子さま。』(三修社)等がある。〜出典参考:Amazon・Wikipediaほか

変わり種のおみくじ「恋みくじ」は、モリサワのゴシックMB101というバブル時代の大人気フォントを使った、ユーモアとインパクトのある文字メッセージが、引いたときの自分の心にグサリと刺さります。インスタで収集したお気に入りの恋みくじは下で紹介しています。

この「恋みくじ」は、もともとは大阪の布忍神社(ぬのせじんじゃ)と共同で制作した36番までの言葉の作品から成るおみくじなんですが、全国数カ所で引くことができます。

イチハラヒロコ「恋みくじ」が引ける場所は?

恋みくじは関西で話題沸騰になった潔すぎるメッセージのおみくじで、現在は以下の場所で引くことができるようです。

  • 布忍神社[ぬのせじんじゃ](大阪府)
  • 二宮神社(兵庫県)嵐ファンの聖地?
  • 山崎菅原神社(熊本県)
  • 清須山王宮日吉神社(愛知県)
  • 六甲八幡神社(兵庫県)
  • 北野天満神社(兵庫県)
  • 鎌倉画廊(神奈川県)神社ではなく作品もShopに!

はみ出し情報 (^^) 嵐ファンのつぶやき

何度も引きたくなる! 女子の心に突き刺さる大阪「布忍神社」の恋みくじ

布忍神社の「恋守り」も人気。何と、嵐の楽曲と同じ「復活LOVE」お守りが!

Twitter

二宮神社も嵐ファンの聖地。

スポンサーリンク

イチハラヒロコさんをもっと知りたいあなたへ!

鎌倉画廊のロング対談「イチハラヒロコさんインタビュー」←こちら(リンク)。

イチハラヒロコさんの書籍や作品集も一部だけご紹介します。

こんどはことばの展覧会だ/イチハラヒロコ著

王子さまが来てくれたのに、留守にしていてすみません。/イチハラヒロコ著

フェリシモの現代美術的ステーショナリーにも特別企画でイチハラヒロコさんの「使って楽しむ現代美術的ステーショナリー」として販売(限定数)。イチハラヒロコの言葉がプリントされたマスキングテープ(880円)がいいなって気になります。

スポンサーリンク

インスタ映え布忍神社「恋みくじ」収集

どうにもならない事がある。

おみくじで言われると納得できる気がする。

もう一度ふたりで始めよう。

熟年離婚を迫られた夫の懇願のあがき。

チャンスは一度のお約束。

熟年離婚を切り出した妻が即答でひと言。
スポンサーリンク

マツコに恋みくじを紹介した平野多恵さんとは?

「ありとあらゆる占いをやり続けた結果、神社仏閣のおみくじに辿り着いた女」としてマツコの知らない世界で紹介された平野多恵さん。「和歌みくじ」の情報など詳しくは以下の記事で。

平野多恵さんの和歌おみくじ歌占やプロフィール・経歴が気になる
マツコの知らない世界に出演した成蹊大学文学部の平野多恵(ひらのたえ)教授の『見方が変わるおみくじの世界!』オリジナル和歌占いをはじめプロフィールや経歴も紹介。
スポンサーリンク

まとめ

初詣や旅行先で神社に行くとついつい気になって引きたくなる「おみくじ」。難解な言い回しや文言の内容を理解もできていないのに、なんとなく納得していました。(結んじゃうし)

イチハラヒロコさんの『恋みくじ』の素晴らしさは、潔くユーモラスで簡潔な言葉の裏に隠れた“やさしさ”ではないかと思います。人それぞれがおみくじを引いた時の心持ちで解釈が変わってくる。言い換えれば「その時の自分に必要な最適なオコトバ」ではないでしょうか。

テキストのコピーはできません。